忍者ブログ
関東生まれの私と関西生まれの奥さんとの毎日の出来事です。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、奥さんが大阪へ里帰りをしました。
当初一緒に帰る予定でしたが、私の仕事の都合で
思うように休みが取れなかった為に
奥さんが一人で帰ることとなりました。

一人で帰るのが悪いと思ったのか
散々悩んでいましたが、何とか決心をして
元気に羽田より大阪へと一時帰国(笑)を致しました。

久しぶりの羽田に行ったせいか
奥さんを大阪へ迎えに行った時の事を思い出しました。

大阪という町はとても活気に溢れていて
東に住んでる私にとっても、とても魅力のある町です。
元より関西好きでしたしね。(^^)
そんな町で生まれ育った奥さんが
この東の地で暮らしていけるだろうかという心配と
「やっぱり無理!」といわれて帰ってしまうのではないかという不安(笑)が
私の中にありました。

伊丹から飛び立った時、奥さんは妹さんからもらった
手紙を読みながら、窓下の大阪の風景に涙を落としていました。
こちらに来て初めて里帰りを一緒にした時
大阪の町が眼下に見えたとき、奥さんがうるうるとしていたのを見て
大阪に帰りたいのを我慢してるのではないかと
何とも切ない気持ちになった事を思い出しました。
それ故に奥さんを大切にしないと!という気持ちがより強くなった事を
覚えています。

大阪っ子の奥さんの初めての里帰り
リフレッシュして楽しんできてくれるといいなと思ってました。
戻る日は休みを取って迎えに行った私に
元気な顔で『ただ今』と帰ってきてくれました。(´▽`) ホッ

そして、家に着くと
「やっぱり自分の家はええな~」と言ってくれました。
よかった~~(T0T)

そういってもらえるとほっとするよ と言うと

「だって自分の温度で暮らせるもん~」\(⌒▽⌒)/

自分の温度? (・・?

「うん、向こうはやっぱりその家その家で温度あるやん?
 お母さんは暖かくしいやって言ってくれるし
 息子の家もお嫁さんがちゃんとファンヒーターだしてくれてたけど
 そうは言っても好きにしにくいやん」

ああ、そうね。それはあるよね

「だからやっぱり自分の家はええわ~」

そ、そう、温度ね。

どうやら、私の心配の里心については温度差により
回避されたようです(^^;;

その日は疲れが出たのがばったりと寝てしまった奥さんを見ながら

ま、温度でも何でもここがいいと言ってくれるなら
いいかなっと思った私でした。(^0^;
PR
長らくブログを書いておりませんでした。
奥さんのご友人からたまには更新の声を頂きました。
ありがとうございます。(^^)

今年の夏は本当に暑くて
汗っかきの私にとっては随分と辛い夏となっています。
しばらく涼しい所に移動したい気分です。

さて、この夏休み。
奥さんが以前より行きたいと言っておりました
身延山の久遠寺に行ってきました。
もちろん、奥さんの運転です。(^^)
何でも奥さんのおばあちゃんが信仰していたお寺だそうで
亡くなった時家族でおまいりに行く予定だったのが流れて
ずっと気になっていたとの事でした。

それにしても、どんどんと行動範囲を広げていく奥さん
その行動力には驚かされる事もしばしばです。

久遠寺さんの帰りに突然泊まろうという事になりまして
街まで下りてきたのですが、お盆中ですから宿もすくないです。
何とか見つけて入ったところが
ラドン温泉付きのビジネスホテル
まあ、昭和の香り漂うホテルでした(^。^;)

何とか宿で疲れを取った翌日
私の弟家族が近くにキャンプをしてきていたので
少し合流しようという事になり
山梨県の辰野町にあるキャンプ場へ

元より、奥さんは虫がきらいですし、
それに水周りの美しくない場所へ行くのをとても嫌います。
もちろん、キャンプ場は山の中にあるのですから
トイレ等の美しさは望めないことが多いです。
なのでちょっと顔を出して帰るのかと思っていたら

ことのほか気に入ったらしく
弟達の進めのままとまる事になりました
大丈夫なのかな~と私の心配をよそに
弟の車に寝床を作って休む準備を始めます。
どうやらキャンプ場のトイレは綺麗だったようで
ひとまず、一つはクリアです。(´▽`) ホッ
楽しんでくれてるならそれでいいやと就寝・・・

その夜。
ふと目を覚ますと
お腹を押さえて座り込んでる奥さん

ど、どうしたの?!( ̄◇ ̄;)
お腹痛いの??

「ううん、痛くない」

え?どうしたの何かあったの?(゜-゜*;)オロオロ(;*゜-゜)

「トイレ行きたいの・・・」

え?ああトイレ?
何だびっくりした。トイレね C=(^◇^ ; ホッ!

「真っ暗やねん。外」

・・・(‥ )ン?

「怖くて一人でいかれへんねん」(T0T)

もちろん、夜中に一人で行けないのはわかっていたので
起すとおもっていたのですが、
さすがに寝ている私を起すのは悪いと思ったのか
しばし、我慢していたようです。

そういえば、、小さいとき夜にトイレいくの怖かったなあと
奥さんを連れてトイレに行きながら
懐かしい気分になった私なのでした。(笑)

我が家では奥さんが運転手です。
そして、いつも突然出かけます(^^;;

先日は秋葉原に行こうと話していたのに
日が高くなり暑くなってくると奥さんはいいました

「涼しい所いこうや~高原の風がいいなあ~」

また、いきなりですなあ。。(^0^;

では湖はどうかと提案、一路、山中湖~本栖湖への日帰り旅です。
さて、ナビの準備をしてと用意をしていると奥さんがなにやらいそがしそうです。
(‥ )ン?
大きなバッグに何やらつめています。

何持って行くの?

「お泊りセット!」

お、お泊り??え?今日泊まるの??

「ううん、泊まらへんけど。もしかして渋滞で帰りがめっちゃ遅くなったりしたら
 お泊りせんとあかんかもしれへんし。
 それに、温泉!あったら入りたいやん!」

あ、、そういう事ね。
・・ホンとだ、着替えとか、、化粧品とか。。いっぱいいれてる

さて、昼過ぎから富士五湖へ向かいます。
梅雨の晴れ間でお天気は良くなっていたのですが
山梨に入ると雲が多くなりました。

う~ん。富士山はむりかな。。

ナビに任せながら、山中湖、本栖湖と回りました。
本栖湖では有難い事に雲が切れて富士山が頭を出してくれました。
それも、お札の絵で有名な本栖湖の絶景の場所で
富士山を観ることが出来ました。

この前から、奥さんが富士山を見たいといってたのですが
中々うまく観られなくて、今日は観えるといいなって思ってたのです。
ほんと、よかったです。

もっとのんびりするかと思いきや、
夕刻になって帰ろう~と言う奥さん。

ん?どしたの?急いでるの?

「日が暮れたら怖いやん」

え?何が怖いの?

「青木が原 富士の樹海やん!」

ああ、確かに帰り道に両サイドが樹海の場所があるよね。
灯りもないし、夜は確かに真っ暗になる。

「何か連れて帰ってきたら怖いから」

大丈夫だよ~(^^)何もついてこないって!

「そら、、自分は何も感じへんから付いててもわからへんわな・・」

え??そ、そりゃそうだけど。。
じゃあ、貴方はわかるの?

「わからへんよ」

じゃ、、じゃあ大丈夫じゃない。。(^^;

「気持ちの問題や」

あ、、そうなのね。確かにそうね。。

さて、帰り道に道の駅によりまして。
その奥に温泉がありました。
どんどん車が入ってきて、温泉は結構盛況のようです。

奥さんは興味津々のようでしたが、何故かそこはスルー

「行き道に色々あったよね~温泉、ちょっと探しながらよろうか~」

とご機嫌な奥さん。

さて、、走り出しますと 温泉があります。

あ、あそこあるよ。ほら。右手に。

「・・・・」

あれ?寄らないの?
あ、ほら 又あるよ~

「・・・」

あれ?あれ?温泉行くんじゃないの?
又気が変わったのかな。。

「右側にあるやん」

・・うん、そうだね。

「右折せなあかんやん」

・・う・・うん そりゃそうだけど。

「進行方向に右折したら、出てくるとき又右折せなあかんやん」

あ、右折嫌いだったね。(^0^;

「右折は右見て、左見て、両方の車が途切れて
 それから歩行者、自転車確認して・・
 邪魔臭いからいや!左側探して

わ、、わかりました。((((^^;;

そして、、お泊りセット、入浴セットの出番はなく。。
我が家に到着することとなったのでした。

今度は下調べしてからいかないとなと思った私でした。。

うちの奥さんは「納豆」が大嫌いです。
関西の人はあまり食べないと聞いてましたが、
やっぱりそうらしいです。(^0^;

奥さん曰く
「子供の頃、納豆というものを見た事ない」との事
お店にも売ってなかったそうです。

テレビでよく納豆を食べるシーンがあると
「あれは一体何をたべてるんだろう」と不思議だったそうです。

納豆の何が嫌いかと聞いてみたら
なんといっても
「匂い」だそうです。
確かに、いい香りではないですよね。

それでも、毎朝私の食卓には納豆をだしてくれます。
しかし、納豆を容器からお茶碗に移した途端
容器を撤収!即洗い、速攻ゴミ箱へ!
手につこうものなら大騒ぎです( ̄ー ̄; 

冬の間はおかめ納豆を食べさせてもらってましたが、
最近の気温の上昇と共に
「におわなっとう」に変わっておりました。
洗ってもおちない匂いがゴミ箱からでてると
とても気になり始めたそうです。

私が納豆を食べてると、怖い顔でずっと見てるので
そんなにらまないでよと言うと
「にらんでない、冷静に見てるだけやん」といいます。
←でも、私にはこんな風に見える。

奥さんが納豆になれる日がやってくるのでしょうか・・

うちの奥さんと会話をしていると
よくこういう事を言われます。

「今のとこ、突っ込むとこやで」

関西好きの私、吉本チャンネルも見てます。
池野めだかさんのファンでもあります。
つっこみも多少はできるつもりですが、
奥さんにいわせるとまだまだだそうです。(T0T)

奥さんは派遣でちょくちょく仕事に行きます。
こちらに来てから仕事にいくようになって
ある日ぽつりといいました。

「ようわからんわ~」

(‥ )ン?

「何がわからないの?」ときくと

「話してると関西弁でるやん?そしたらさあ
 絶対に向こうが関西の人ですか?って聞くねん」

ふんふん、そうだろうなあ。

「でな、」

うん。

「終わりやねん」

( ̄◇ ̄;)エッ、、終わりって?

「ただ、それで終わるねん。意味わからへん」

えっと。。(^0^;関西の人かなって聞いただけじゃないのかな?

「普通な。わたしらがさあ、例えば九州の人ですか?って
 誰かに聞いたとするやん?」

う・・うん

「それで、相手がそうです。っていうやん」

ふんふん

「そしたら、実は友達で九州の人がいて同じしゃべり方やな~って
 思ってたんですよ~友達は○○県の人なんですけど
 お宅はどちらですか?って続くわけよ」

うん。

「でも、こっちの人は関西です。って言った後
 そうだと思ったんですよ~で終わりなんよ!」

う・・うん。なにやら怒りが沸いてるようです。。(^^;

「話膨らませる気ないんやったら、聞くなっちゅうねん!!
 どこの人ですか~って聞いて終わるんやったら心の中で
 思っとけっちゅうねん!!おもんない!」

ただ、聞くだけの会話は関西人には意味不明だそうです。
しらなかった。
気、気をつけよっと。。



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[10/26 あられ]
[08/26 yeti]
[08/25 あられ]
[05/30 yeti]
[05/29 ryu]
フリーエリア
プロフィール
HN:
yeti
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.